柔道の真髄はタイミングです。

柔よく剛を制す

柔よく剛を制すと言う言葉をご存知ですか?

 

これは柔道界に伝わる古き良き言葉です。

 

柔道の技は全てタイミングで決まります。

 

力任せに投げるのは美しくありません。

 

では、タイミングが重要な技とは。

 

体落とし

最近使用されない体落としがあります。

 

相手を左前に崩して、自分の逆足を支点にして投げます。

 

相手はバランスを崩して投げられます。

 

難易度が高い技で、私は練習、試合共にこの技を決められた記憶がありません。

 

それほど使用者も少なく習得するには困難を極めます。

 

背負投

次に背負投です。

 

これは使用者が多いですね。

 

軽量級の選手には必須の技でしょう。

 

相手の懐に潜り込んで、肩ごしに投げます。

 

小さい選手が大きい選手を投げることが可能な技です。

 

投げられた方も気付いたら決まっていたと言うほど綺麗な技です。

 

内股

最後に内股を紹介します。

 

払い腰に似ていますが、全く違う技です。

 

払い腰は力や体重で投げることが出来ますが、内股はタイミングで投げます。

 

スパーンと決まるので一本を取ることが可能です。

 

柔道ではこの三つの技が華麗で優美な技として賞賛されているのです。

 

 

出足払

 

タイミングのとり方が伝家の宝刀、スペシャルな足技技の特性出足払は、先方の足を払って丸ごと横に引っくり返す技です。

 

技の属性そっくりそのままから、ひとたび、先方を追い込み、先方が下降して足を浮かせた場合を見計らって、その足を払います。

 

払うチャンスは、相手の足が、きちんと畳から離れるタイミングがピッタリでいます。

 

相当数ある力で払うため、胸部を張り、均衡がとれた姿勢を保って行ないます。

 

このとき、握った釣り手を下方角に引っ張ったら、相手の体勢が崩れやすくなります。

 

相手の重心を横に崩しながら、一気に払います。

 

相手の足に引っかけて、片足ケンケンを行いつつかけるプレーヤーもいます。

 

この技は、足さばきがオールマイティな選手やライト級の選手、女子の小柄な選手が十八番の傾向があるようです。

 

出足払は、タイミングが求められ、経験を重ねなければできないハードルが高すぎる技だと聞きます。

 

柔道のセンスが鋭い難易度の高い技のため、出足払がきまったケースは、一本になる可能性が高いようです。

 

きまらなくても、この技を振りかけることで、相手が倒れそうになるため、連絡技をねらうことが不可能ではありません。

 


ホーム RSS購読